実は危険な歯磨き粉の成分とは

歯磨きペーストの成分の危険性などについて紹介しているサイト

人によってタブーなものも

アレルギーのある人は要注意

市販されているものを含め、多くの歯磨きペーストが大多数の人向けに製造されています。
しかし、これが時には体に合わず過剰反応として体に現れてしまう人もいます。
科学物質は長年の蓄積とも言われていて、初めての症状としての表出というよりはその成分がトリガーとなって表れてしまうようなケースが多いので毎日使う歯磨きペーストは人によっては身近な化学成分の蓄積ともいえます。

いつアレルギー反応としてでてくるかは分かるものではないので、アレルギー体質の人は特に日頃反応してしまった物質や商品の情報などは書き留めておくなりしておいた方が良いでしょう。
メモをとっておくと、何かあった場合に病院へかかる時にも参考になります。

オーガニック商品もある

人によって化学成分が全く体に合わないという人もいます。
そうした人達の商品選びはとても大変ですが、歯磨きペーストなども例外ではありません。
もちろん、オーガニック商品とはいえ自然由来の化学成分であることには変わりありませんが、多くの市販品に含まれている率の高い清涼剤などを省いたものがあります。
歯磨きに必要な最低限の洗浄成分が自然由来のもので、他の余計な成分が入っていないものです。

アレルギー体質の人や、なるべく安心なものを使いたいという人はこうしたものを取り入れるのも良いでしょう。
市販の量産品に比べて少し高価ですし爽快感は少ないかもしれませんが、毎日使うものをより安全に使いたいという人にはオススメです。


▲先頭へ戻る