実は危険な歯磨き粉の成分とは

歯磨きペーストの成分の危険性などについて紹介しているサイト

年々増えている?歯科関連商品のバリエーション

歯磨きペーストの注意すべき成分とは

歯磨きペーストにはさまざまな化学物質が含まれていますが、磨くという目的で研磨剤が含まれています。
この研磨剤は使い方によっては人体に悪影響があったり、歯磨き時に磨き過ぎて歯を傷めてしまうといった危険性があるものです。
全ては使い方によるといえますが、元々大量に使うものではないので歯科指導の方針などにもよりますが歯磨きペーストは少量の使用で十分であると言われています。
たくさん使えばそれだけキレイになるというものではないので、適切な量を意識して使うよう心掛けましょう。

歯磨きは心地よいものでもあるので、つい長く磨いてしまうという人もいるでしょう。
しかし、過度な歯磨きはエナメル質の損傷や歯肉の後退、歯根の露出などを促すことになる場合もあります。

適度な殺菌と汚れ吸着成分は必要

化学物質であればどの成分も危険というわけではありません。
歯を清潔に保つという目的がありますから、それ相応の効能も必要です。
多くの歯磨きペーストには読んで字のごとく歯の表面を磨くという役割の他に、口腔内の虫歯菌や歯周病菌の殺菌、口臭予防や爽快感などの使用目的があります。
これには汚れを吸着してくれる成分や殺菌の為の成分が必要になります。

長く口腔内に留めたり、間違って飲み込んでしまうと良くないですが、基本的に口の中に入るものとして製造されているものではあるので使用方法を間違わず磨いたら出せばそう心配するようなものは無いでしょう。
むしろ歯磨きを怠った場合の歯周病などを放置してしまい法が人体には悪影響があるでしょう。


▲先頭へ戻る